TOP > 日本での生活

在留カードの受け取り

門のイラスト

日本に到着後、入国審査を受ける際,羽田空港、成田空港、関西空港、中部空港、新千歳空港、広島空港、福岡空港の場合その場で在留カードを受け取ることができます。

その他の空港から入国される場合、各入国管理局にて申請する必要があります。在留カードを受け取るまで時間が掛かります。

日本で暮らしている間は、常にこのカードを携帯しておいてください。


日本での生活スタート

日本地図のイラスト

電気

電気会社に電話をすれば、すぐに使用可能となります。

ガス

ガス会社に連絡し、ガス会社の職員から使用方法について現場で説明を受けたら、すぐに使用可能となります。

水道

住まい近くの水道局に連絡後、使用可能となります。日本の水道水は直接飲用可能です。

電気、ガス、水道代は、どのコンビニエンスストアでも支払いが可能です。

ゴミ

日本ではゴミを捨てる場合、分別が必要になります。

また、ゴミ捨ての時間と場所については、いずれも決まりがあります。

各国の言葉に翻訳をした説明が各役所より出されているので、確認をしてください。

インターネット

弊社にお問い合わせ下さい。日本では、基本的に建物単位で申請をします。

銀行口座

在留カードと印鑑が必要です。※金融機関によっては要住民票銀行口座を開く時、同時に入金をする必要があります(100円でも可)。

口座を開く場所は、各銀行の窓口になります。
銀行口座は、各種費用の支払いでも使用可能です。


学生割引制度

基本的に、留学生でも学校法人日本語学校、専門学校、大学等の学生が本制度を利用できます。
(但し、学校によって相違があるので要確認)

電車のイラスト

定期券

電車、地下鉄、バス等の学生定期券を購入することができます。
学校が発行する「通学証明書」を持って、住まい近くの駅で購入して下さい。

学生割引乗車券

JRの割引乗車券が比較的有名です。

片道100km以上の場合、大学が発行する学生割引証があれば、20%の割引を受けることができます。

学校により、制限があるので確認してください。

JR以外の公共交通機関も学生割引乗車券制度があります。旅行の際は、事前に調べられます。

その他のサービス

学校により留学生に向けて各種割引サービスを提供している場所があるので、具体的なことについては学校の担当の先生にお尋ね下さい。


在留資格外活動とアルバイト

人と荷物のイラスト

入国管理局より資格外活動について許可を得ると、日本で仕事ができます。必ず事前に申請して下さい。

許可を得ずに仕事をした場合、ビザが取り消され、強制退去処分を受ける可能性があります。

申請の詳細については、各学校の責任者に確認して下さい。

許可されている労働時間は1週間28時間以内(但し、長期休暇期間は、1日8時間以内)となります。

但し、風俗、賭博業(パチンコ等)関係の仕事をすることは禁止されています。


短期の出国と入国

パスポートのイラスト

短期に出国する場合は、事前に学校の先生に説明をして下さい。

以前、必要であった「再入国許可書」の申請は必要なくなりました。

再入国を希望する場合は、空港内出国審査カウンターのところに用意されている再入国出国記録を記入の上、入国審査官に対して再入国許可による出国を希望すると伝えて下さい。


Copyright©2016 JAPI All Rights Reserved